053-452-3330
プティアミカフェ
クレープリー&ブラッスリー

Creperie
11:00-16:00 『クレープリー』

Brasserie
18:00-23:00 『ブラッスリー』
21:00-23:00 『 夜のカフェ 』

メニュー

『Crêperie』クレープリー11:00-16:00

クレープリーメニュー

1,000円~

『クレープリー』11:00-16:00 ラストオーダー15:00

【クレープリー(Crêperie)】とは、

クレープを専門に扱っているお店ではなくてガレットとクレープをメインとするカフェを『クレープリー』といいます。

フランスの北西部、ブルターニュ地方の郷土料理で、フランスではカフェの数より多いクレープリーで食事をしながら地元の発泡酒シードルを飲み、親しい人たちとのおしゃべりを楽しみます。

クレープリーでは、食前酒(シードルやワイン、シャンパン、ノンアルコール類など)から始まり、食事系のガレットを食べて、デザートにクレープ、食後にコーヒーや紅茶で〆るというのが一連の流れで、言わば簡易的なフランス料理のコースのようなイメージです。

このソバ粉で作るクレープ「ガレット」。中には卵やハム、きのこやベーコンなどの具が入り、仕上げに塗られる塩入りバターが香ばしいものです。

「ソバ」というと日本独特の作物、というイメージがありますが、中国雲南地方原産でアジアをはじめヨーロッパやアメリカ大陸でも栽培されているグローバルな作物です。中世十字軍によってフランスに運ばれ、ブルターニュのアンヌ女公がソバ栽培を無税として奨励したため、この地方で盛んに作付されるようになりました。

フランスの伝統料理でありながら、気軽に楽しめる郷土料理「ガレット」は、前菜、デザートのクレープ等と合わせてフルコースになる大切な食事です。りんごの低発泡酒(シードル)や食前酒にシードルカクテル、食後にはりんごの蒸留酒やそのお湯割りで締めるのがブルターニュ流。かしこまったフランス料理というイメージから離れて、ブルターニュ流の食文化を是非お楽しみ下さい。

【メニュー画像クリックで拡大】

ランチ表紙.JPGランチ1.JPGランチ2.JPGランチ3.JPGランチ4.JPGランチ5.JPG

季節のプティアミパフェ

1,200円~

Souvenirs de Provence

『駿河エレガンスとローズマリーのパフェ』

11:00-15:00 (クレープリーのみの時間提供)

¥1,540 (税込)

 

南フランス、初夏のプロヴァンスをイメージしたパフェ。

 

・ローズマリーとゲランドの塩のヌガークラス(南フランスのアイス)

・駿河エレガンス

・プロヴァンスハーブのチュイール

・クレームシャンティ

・夏みかんのコンフィチュール

・生姜とバニラのアイス

・アーモンドのメレンゲ

・夏みかんのコンポート

・エルダーフラワーのジュレ

 

シェフとパティシエールが作るフレンチパフェ

このマリーアージュを楽しめるのは

プティアミカフェだけ

プティフールセット

1,300円

提供時間 11時から15時(L.O)

¥1,430(税込)/お1人様

数に限りがございます(無くなり次第終了となります)

パティシエールが作る、フランス小菓子が10種以上も楽しめるハイティーとドリンクのセット。

ランチ後でも、ディナー前でも、小菓子の盛り合わせだからお腹にも優しいボリューム。

1人1つずつ、それぞれのご提供となります。

 

アフタヌーンティーではありません。

アフタヌーンティーとは、イギリス発祥のスコーンやサンドイッチ等の軽食とデザートの盛り合わせで、早めの夕飯的なものを意味します。

当店のプティフール(フランスの一口サイズの小菓子)は

可愛くて上品なミニャルディーズがコンセプト

プティアミカフェ・オリジナルハイティーです。

お家に帰る前にゆっくりとティータイムをお過ごし下さい。

※ミニャルディーズとはフランスのコース料理で最後に提供される小菓子のこと。

1